「子供の教育」谷口雅春

「子供の教育」1/2

「子供の教育」2/2


この本の感想(以下アマゾンレビューの引用)
「想像力は幼児の時代から円満完全なものを心に描かすように訓練すべきである」
「直覚力を正しく伸ばせ」
「最初は彼に接する両親や教養係がそれを賞ほめる - やがては人類全体が、彼の長所を賞揚し、美点を賛嘆し、その貢献に拝謝する時が来るであろう」
など珠玉の言葉が述べられている。今日、凡庸な教育論が多い中で、本書の説く生命の教育は本物であり、時代とともに決して色あせることはないであろう。

おすすめサイト
宇治別格本山

新教育者連盟

コメントを残す