谷口雅春 昭和47年詳密講習会

前回⇒谷口雅春 昭和46年詳密講習会

22.谷口雅春先生昭和47年詳密講習会-1

テキスト『交いあう愛』『美しき日本の再建』/白羽二重の着物に墨をこぼし、朝顔の裾模様にした話(内藤さんの祈りの成就)/5万枚の「皇軍必勝」短冊を書いて祈ってもらったが「負ける」という言葉の力が圧倒的だった/希望実現の方法/恵美子先生の恋/家庭生活の霊的意味/神癒への道/体験談/忠孝の道(浅田正浩)/脳軟化症癒される(早川つや子)/韓国の光明化/日本の国体/日本の国旗について/神話に描かれた原罪

23.谷口雅春先生昭和47年詳密講習会-2

テキスト『美しき日本の再建』『人生の秘訣365章』/美とは/美を味わう器官/日本精神の美/幽玄な美/日本古来の芸術/人間とは/神想観実修(基本的)/無限供給を受けるには

24.谷口雅春先生昭和47年詳密講習会-3

テキスト『信仰の科学』/山下市助氏破産からの復活/「神様どのようにしたらいいですか?」「神様ありがとうございます」と神様の番頭となれ!/希望実現の法則/正しい政治観/体験談、浜田千代子さん、甘露の法雨に救われる/港本さと子さん、人生の生きがい/山田みさとさん、真理を生かし繁栄/輝子先生ご講話/種をまく実践/輝子先生の病気克服/ホルムス博士について/神癒をもたらす法

25.谷口雅春先生昭和47年詳密講習会-4

テキスト『信仰の科学』/罪は本来ない/新たに生まれる=罪の意識からほどかれること/宗教的救いとは/心とガン/カリエスの直った話/先祖のまつり方/人相の見方/講師養成のための病気の話/鼻、目、耳の病気/池見博士と鳩山一郎氏/京都、久保慶三氏、伝道の喜び/大阪、佐藤、逆児の無痛分娩/大阪、角永、心の洗濯テキスト『信仰の科学』/如意宝珠観

26.谷口雅春先生昭和47年詳密講習会-5

テキスト『信仰の科学』/講師試験のための病気の話/体験談の重要性/家族制度廃止による害、子供の病気/親に反抗する教育と病気/血・骨の病気

27.谷口雅春先生昭和47年詳密講習会-6

高知県、小倉の空襲時、生長の家の神が手招きして助け、甘露の法雨の中身の紙が焦げて身代わりになった/七つの金の星を持つ生長の家の神様/病気の原因と癒し方/婦人病、皮膚病、ガン、脱疽、小児麻痺、歯、頭痛/子供の疫痢が両親の調和で治った体験/恐怖心を取る法/体験談/京都市、渥美とし、伝道に生きる喜び/兵庫、中川、尊師の生母をたたえる/八尾市、巽京子、生命の教育/谷口家の墓について/胸、結核、腸の病気の癒し方、黒住教祖の話/病人を治すには、恐怖心を取ればいい/心臓のドキドキを忘れないよう感謝せよと指導してドキドキが止まる/敵はない全ては見方である/和田先生のご挨拶

28.谷口雅春先生講話昭和47年6月

テキスト『信仰の科学』/北米、ハワイ詳密講習会とその報告/現地の新聞記事/サンノゼ市長「ドクタータニグチの日」と定める布告/遠藤講師死刑独房からの生還/神の知恵には不可能はない、束縛があっても束縛されない、天地一切のものと調和/蚊も南京虫も皆神の命の兄弟である/「この世界は殺し合いしなければ生きられない」と信じている信念が全ての生物に映って争いの世界が現れる/預言(預託)について・・・真理を人類に告げている、予言との違い/力のバランス、人間知による世界平和では永久の平和はない/真理が人類に告げられた時世界の真の平和がおとずれる/二階堂勉さんの体験(下半身マヒ)/雅春先生の自伝、大本時代/ホルムス博士との出会い/氏神と産土神との違い/生田神社の帰り道古本屋で見た本/生長の家の発祥/日本国の敗戦について

29.谷口雅春先生講話昭和47年秋

求めるものは引き寄せる力/羽二重の着物に朝顔の絵/敗戦と生長の家/私は宗教がきらい/教化団体生長の家→宗教にさせられた、生長の家は愛国運動をしてにも関わらず、そのお陰で戦後取り潰しにならなかった/清超先生の結婚/夫婦の不調和でおこる病気/体験談/安楽に往生する意義/脳軟化症癒える/韓国の光明化/国旗について/大和の精神/日本人の美意識

テキスト:聖光録

連続して聴く

つぎ⇒谷口雅春 昭和48年詳密講習会

コメントを残す